FC2ブログ







千畳敷カール(Ⅰ)

駒ヶ岳ロープウェイで行く標高2,612m、中央アルプス千畳敷は今から約2万年前に氷河の流れにより
侵食されて形成されたカール(半円形の窪地)で畳を1,000枚敷いた広さがあることから「千畳敷カ
ール」と呼ばれています。
231918千畳敷カール
231918千畳敷カール
(生憎、曇っていてガスも出ていましたが合間に晴れ間も~、手前は剣が池。白いのは雪渓、恰好悪い
 けどそろりそろりと蟹の横這い歩きが一番安全)
(真中のとんがっているのが宝剣岳 / 2931m)
231918千畳敷カール
(宝剣岳のUP)


雄大な‘パノラマ写真 ’(←クリック)です。(高い山;左/空木岳、右;宝剣岳)

231918千畳敷カール
(可憐な花一輪、ミヤマキンバイ/ 深山金梅…高さは10~20cm。花期は7~8月、黄色い直径2cmほどの
 5弁花を咲かせる。ここには200種以上の高山植物が群生している)

次回:9/18 歴史教室
次々回:千畳敷カール(Ⅱ)
[ 2012/09/14 08:00 ] 山の風景 | TB(-) | CM(-)