FC2ブログ







朝ズバ!(原発)

(福島第一原発の爆発映像写真 / 引用)
231334福島第一原発
9/7新聞報道で「2030年代に原発ゼロ」の民主党提案。衆議院選を意識しての受け狙いの提言らしい。
もし勝てば前回のマニフエストよろしく‘仕切り直し’の反古か?政府としては10日に決めるそうだ。
現時点ではどうなるかはわからない。もし自民党が勝てばまた元からやり直し。やれやれ。
E58E9FE799BAE4BA8BE695855.jpg

それはともかく最近の話題として~~:

原発比率0%、15%、25%などの議論が政府主導でアンケートなどを取り入れながら行われている。し
かし、何となく違和感を覚える。「三つの内、どれがいいですか~!?」なんてバナナの叩き売りじゃあ
るまいし。理科系の論理思考では全く理解できない。僕はこう思う。まず素朴な意見として‘0%’はわ

かる。‘こんな危なっかしいもの’を地震・津波の大震災を乗り越え未来永劫、安全に維持管理すること
など到底不可能…という見方である。残りの15%、25%というのがよくわからない。こんな漠とした
抽象論ではなく、具体論で考えて欲しい。即ち、全国に54基ある原発の内、直下または近傍に活断層が

ほんとにないのか再度、中立機関が調査することである。無いということで建設された筈であるがこれは
電力会社まかせであてにならない。もし可能性が有るという結果が出れば「速やかに」運転停止すべきで
ある。残りの物については、「想定外」の最大条件を加味し、防潮堤の高さ、長さ、電源喪失対策、非常

用電源等の諸対策がどの程度講じられているのか、不足部分に対する追加費用がどれくらいかかるのか…
など費用(対効果)を明らかにした上でやめるべきものはやめる。その結果として、例えば、0%、15
%(活断層のあるもの、費用対効果の見合いが余り良くないものを除く)、25%(活断層のあるものと費
用対効果が全く見合わないものだけを除く)。こういうストーリーであれば理解できるのだが…。

そして費用対効果が合わないということで投資を見合わせた予算を電力料金のUP分に回し、国民の負担
を減らす。最近の報道によれば南海トラフの連動大地震によって三十万という死者が出るとか、それに原
発事故のダブルパンチ、正に日本列島壊滅である。僕ら年寄りはまだしも将来ある子供、若者などのこと

を考えると大人の責任は誠に重大。‘国民の安全’と‘国民の雇用・生活・経済’をほどよくバランスを
とった結論とはどのようなものであろうか?ここまで書いたので敢えて自分の意見を書くと~。(どんな
ものでもリスクゼロはありえない。交通事故(年5000人死亡)、飛行機事故、火災・爆発事故、然り)

①活断層があるところまたは可能性のある原発は早急に廃炉。(技術的対策不可能)
②北海道から九州までの太平洋沿岸で、30m前後の大津波が予想されるところにある原発は廃炉。
③太平洋側の原発を縮小し、日本海側の原発を優先(地震は有っても津波は少ない/費用対効果も加味)
④40年ルールを厳格に守り、寿命の来た原発は例外なく廃炉。新規増設なし。
⑤代替エネルギーの早急な開発(これなくしては雇用も成り立たない)

皆さんはどのようにお考えですか?(またまた長くなりすみません)

221422大津波
六ヶ所村核燃再処理工場

次回:9/14 千畳敷カール
[ 2012/09/11 08:00 ] 言いたい放題 | TB(-) | CM(-)