FC2ブログ







第15回栄区書道協会展

書道家、今中澄香さんからご案内を頂きました。書道、渋くていいですね~。

P3110026.jpg
P3110028.jpg
(会場風景:柳田会長、桂彩会の高倉さん、佐藤さん、お客さん)

P3110019-1.jpgP3110018-1.jpg
(今中澄香さんの書。いつもながらの大作です)(天壌無窮、守無為 随処楽)
(‘窮’の字の‘二本のかすれ’これは難しそうですね)

(天壌無窮…‘天地とともに永遠に続くこと’。‘この世の天壌無窮を神に祈る’など。)
(守無為 随処楽…‘一切の作為を捨て自然体で生きれば、いつでもどこでも今を楽しむことができる’)…この自然体が
中々難しいですね。齢〇〇にして‘雑念’が捨てられない?周りの字は詩の本文でこの中から六文字を大きく書かれた
のではないかと思います。これは‘篆書(てんしょ)’というのですか?印鑑などに使われる。


P3110025-1.jpg
(柳田さんの作品:字同志が、踊っている、会話がある、楽しんでいる。味がありますね / 感想。所々
 の字の滲み…‘企業秘密’こっそり教えて貰いました。かと言って書けないですが~)
(特に真中の‘紫雲飄’絵のようです。‘紫雲山のつむじ風?’漢詩の意味は素養がないとわからない
 ですね。素人でよくわからないのですが、書は漢詩がほとんどなのは何故なのでしょう?)

P3110024-1.jpgP3110023-1.jpg
(左:高倉桂芯さん / 杜甫 、右:佐藤さんの作品)

「キャーどうしましょ下手くそな文字が、それもアップで先生方の作品が並ぶ中、恥も勉強のうちと持ち
 前の図々しさから出品しております。夢は、今中さんみたいに大きな作品を書くこと(怠け者の代表)
 無理!写真展楽しみにしております」…コメント。(コメントからは返信したくてもできません~)


 (いや、無理じゃないですよ、これだけ立派な字が書けるのですから~!挑戦して下さいませ)

P3110022.jpg
(左から3番目、明るいのが佐藤さんの書)

P3110027.jpg

P3110021.jpg

次回:3/11 初春の三溪園


[ 2013/03/07 08:00 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)