FC2ブログ







初春の鎌倉を歩く(宝戒寺)

4/1 背景色、春らしくグリーンもえぎ色(#416212)に変更しました。
DSCF2030.jpg
(本堂右奥、紅白の梅林)

「点々と 紅、白の奥 深空あり」

(1本の木に赤と白の花が入り乱れて咲くという珍しい梅「想いのまま」)

DSCF2034.jpg
しだれ梅

「しだれたる 枝のゆらぎに 香を放ち」

「しだれ梅 風のゆらぎに 香を放つ」

DSCF2036.jpg

「思わずに 頬寄せたるや 梅一輪」

Harryの息子ブログです。何だか訳の分からない壁の模様、編み込んでいくヘアーメイクのデザインらしい。
今、カットモデルを使っていろいろやってるみたい。個展をやるらしい。本番出たらまた紹介します。
おじいのモデルでやって貰おうかな。いよいよ気がふれた?ヘア少なすぎ?(線路で寝てるのJrです)

DSCF2032.jpg
(梅の足元に咲いていた水仙)

「輝ける 花の背後に 日陰あり」

(写真は‘日本水仙’他に、ラッパクチベニ、黄水仙など。一般的な花言葉は、
‘自尊’、‘うぬぼれ’。萼茎に毒あり。有毒植物…知らなかった)

日記:今日、3/17に聴きに行った佐藤久成の‘魔界のヴアイオリン’のCD届きました。兎に角、
すごいテクニックの持ち主。ゆっくり鑑賞してみます。それから今日、またまたすごい作曲家、
佐村河内守(さむらごうちまもる) (クリックした画面の右上の動画で第一楽章が聴けます。

画面の中から、ヴァイオリンソナタのためのシャコンヌが聴けます)の交響曲第1番(HIRO
SHIMA)のCDを注文(AMAZON)。心を揺さぶられる音楽とのことで絶賛されている。
絶え間ない耳鳴りのため‘絶対音感’で作曲せざるを得なかったとか。絶対音感とは如何
なるものか? 調べました。

「相対音感」:
 「直前に聞いた音」より「次の音」が高いか低いかを感じる音感です。
  この音感を鍛えていくと、単に高い、低いだけではなく、具体的にどれくらい高いか低いかが分かる
  ようになります。例えば「ド」の音を聞いた後に「レ」の音を聞いたとすると「鍵盤1つ分高い音」
  だと分かります。更には耳から聞いたメロディや思い浮かんだメロディを楽譜に書いたりすることも
  できます。
「絶対音感」:
 「絶対」という言葉は、他のものと比べることなく「具体的にいくつ」という意味を持っています。
  聞こえてきた音をすぐに「ドレミ」で感じる音感です。幼児期に「絶対音感」の訓練を受けてないと、
  まず獲得できない能力だといわれています。

下は、第3楽章の一部。


(共に‘腕’は超・一流。だけど‘世渡り’が今いちで余り一般には知られていない)

(特に佐村河内さんは耳が全く聞こえない、それに加え頭鳴症、耳鳴り発作、重度の腱鞘炎などに始終
 悩まされながらこの大曲(80分)を完成。その悲壮的な努力(TV放映)には涙さえ。すごい人がいるものだ。
 完成した曲をオケで聴いて出来栄えを確認することはできないのだからこれまた、すごいことだ)

  ・20号の絵(心の四季より「流れ」のイメージ)デッサンは完了していますが中々、着彩スタートでき
   ません。明日はお天気なら鎌倉で写真展を覗いて、稲村ケ崎方面へ写真撮影。雨なら、絶対着
   手するぞお~!

次回:4/4 春爛漫(Ⅰ)
[ 2013/03/31 08:00 ] | TB(-) | CM(-)