終の棲家 

pagetitle_gai.jpg
さわやかな風あり、鳥の声あり、蝶、とんぼも遊ぶ、心やすらぐ静かなところです。
(場所は左端下方。右端は霊園管理事務所)

images_20140606120418239.jpg
dsc_6936.jpgdsc_6909.jpg
左:京急三浦海岸からの送迎バス停
P3320063.jpg

三浦海岸を見下ろす高台の霊園にある‘終の棲家’。定年と同時に購入。今日は半年に1回の墓参
り。両親(神戸から分骨)を含めた3名が眠っています。一心に雑草を抜きながら鶯の声に聴き惚れる。

「うぐいすの 掛声聴きつ 草むしる」

後10年余りでここの住人になるだろう。考えると何だか妙な気持ち。10年はあっという間じゃないか。これからどう過ごしたらいいか。「このまま惰性でダラダラと」?、「人に優しく、自分に忠実」?まあそれはともかく、せっせときれいにしておきましょう。今日初めて除草剤を撒いてみました。次回、効果の程は?

「素敵な場所で、落ち着けるなんて幸せですね」/ Mさん。
…ありがとうございます。しかし正直言って、死んでしまえばどこでも同じでしょう。散骨でもいいし~。
‘素敵な場所’は墓参りの人用です。

ところでお墓詣りの時間は何時頃がいいか?午前中がいいとか言うけど…、何で?夕方以降は霊(浮遊霊、地縛霊、守護霊…)が飛び交っているので乗り移られる(憑依)~なんて云う人も。ワイフなどはこう云う。僕はほとんど信じないが‘霊’については多分に興味はある。。しかしこういう広い明るい公園墓地ならいいけど、月明かりの薄暗いじめじめした

お墓では確かに一寸気味が悪い。怖くて入って行けない。…ということは「ひょっとしたら?」という一抹の信じる部分があるのかもしれない。魂は位牌に宿る。骨壺は単に物理的なもの…と仏教では言われる。ならばお墓には霊など存在しない筈。西洋には位牌はない。もし死んでも魂は存在するとすればどこに宿るのか?日本の霊は宿るが西洋のは宿ら無い?これまたおかしな話…この種の説明は確かなものはなく、宗教によって都合の良いように説明されているように思う。


お墓談義もそろそろ終わりです。最後にあなたの霊感度を診断してみましょう。(お遊び)
僕の霊感度は30でした。→‘霊感度診断

  次回:6/10 最近の陶芸作品
次々回:最近の絵画作品

[2014/06/05 17:00] 石造物 | コメント(-)